2017・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/29 (Thu) 母1日目2日目
足にマジックで名前をシッカリ書かれた娘(以下ポコ)が私のもとにやってきた。
あったかい・・。なんてゆうか、『湿っててあったかい』っていうのが私の感想だった。
本当に可愛かったし、今まで経験した事のない、幸せで暖かな時間だった。

出産したその日は、本当にふわふわとした気持ちで、まだお腹に赤ちゃんが入ってるような気がしていました、くせでおなかを撫でたり。
お腹は産んだのにポッコリ出ているしね。
そして何より体中が筋肉痛で背中と腹筋に力が入らない。おまたも痛くて座れない。
トイレに行くときは10分くらいかけて這っていくゾンビのよう。
グー介はウキウキで何度も何度も新生児室に行ってはベビを見ていたけど
私はなんだかあんまり行かなかった・・・。疲れ切っていたし、本当に実感が無かったんですね。。。グー介に「チョコが食いたい!」とお願いしてチョコを買って来てベットで食べた。
消灯しても私は興奮状態なのか、まったく眠れず、目を閉じたらまたあの辛い陣痛が
やってくるような気がして怖くて目を閉じれない。
グー介から夜中メールで「幸せをありがとう」。嬉しくて・・・泣く・・・。

後陣痛が私か結構痛かった。ナースコールして薬をもらった。

白々と朝がやってきたけど、私はまだ何となく実感が湧かない。
そして体中が痛い・・・。本当に私は赤ちゃんを産んだんだろうか?
看護婦さんが来て「授乳は何時から始める?10時半からでもいいけど、また出産してまもないから午後1時からにしましょうか?」と言われて「はい」と答えた。
これを今でも後悔している。現在生後4ヶ月。私の姿が30秒でも見えないとすぐに泣くポコ。
あの日ももっと早く私に逢いに来て欲しかったんじゃないか。たった2時間だけど
早く授乳に行ってあげればよかった。。。。一生後悔しそうです・・。えーーーん。

1時、初めての授乳。新生児室の小さな小さなベットで私を待っていてくれたポコ。
おそるおそる抱いてみる。
「ああ、これだ。。。」そんな気がした。なんてゆうか『ふに落ちる』という感じ。
母性がわーーーっと湧いてくるのが解る。おっぱいも張ってくる。
「おまたせ。ごめんね。」
私の赤ちゃんだ。


------------------------------------------------------------------
こんな感じの出産でした。
多分出産は人生最強の痛みだと思う。
「多分」と書いたのは、もう忘れてるからです。

そう、忘れるんですよ、死ぬほど大変だったのにね、本当に忘れちゃうから本当に不思議。
赤ちゃんは信じられないくらい可愛いし、痛かったとかそんな事本当に小さい事に思えるんです。

じゃなかったら皆2人目3人目なんか考えないでしょ。(^^)
出産はそれくらい素敵な出来事で、それを経験できる女は強くて素敵なのであります!!
陣痛の時は本当に「今からでもお腹切ってだしてくれー!!」って思ったけど、
(帝王切開はそれはそれで大変なのにね)でもすでに2人目が欲しいなんて
おもちゃっているムー子さんなのです。

ブログですが、やっぱり続ける事にしました。
もう誰も見てくれてないだろうと思ってたんだけど、待っててくれた仲間がいて
なんだか、その人たちとのつながりを切りたくないと思ったからです。
辛かったベビ待ちも一緒に頑張った仲間。
あんまり更新できないかもだけど、これからもどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

2007/11/28 (Wed) すっごいごぶさたです。
ああ、何ヶ月も更新してなくて本当にすいませんでした・・・。
なんか出産してものすごい視力が落ちてしまい、
PC見てると目が乾いて乾いて、もう見てられないのです・・・。

ブログの事は本当に気になってました。
出産レポの途中だったしね・・・。

このブログを続けられるのか、いま検討中です。


------------------------------------------------------------
グー介に相談して「先生のいうとうり、このままではムー子が出産までに疲れきってしまう。
促進剤をつかおう!」という事になりました。

先生は「そのほうが良い」と言うけど、助産師さんは
「人工的な痛みになるから辛いかも。私は使わなくても良いと思う」と・・・。
そんな事言われたらどうしていいか混乱するよ。。。

結局私が「早く産みたい!」と強く思ったためお願いしました。
それから便秘のムー子は浣腸もおねがいする。
「自分からやってという人はめずらしいわ」と笑われる。でも絶対やばいからやってもらってよかった。
促進剤打ち始めるちあれよあれよという間に陣痛が5分 3分と
短い間隔に。そしてどんどん強く!!
点滴は2本うつといわれたけど、この調子じゃ1本行かないうちにお産になりそう。

陣痛が1分間隔になったのは点滴をはじめて3時間後くらい。
このころ丁度お昼ご飯だったけど、とてもじゃないけど食べられない。
助産師さんに「食べないと息めないわよ!!」と叱られるけど、
それどころじゃない!こっちは次々襲ってくる陣痛の波に飲まれないように必死!
「おれが食べていいっすか?」と看護婦さんに聞いて食べているグー介。

おいおい、私を助けてくれ!代わってくれ!


だんだんと息みたい感じになってきた。
おしりの穴の方にウグーーーっと圧がかかる感じで、辛い。
ウンチが出そうで出ない感じ。
「すいません・・もう息みたいんだすけど・・・」と言うと
内診してくれる。ど
どうやら羊水が水風船みたくなってポッコリ出ていて、それがお尻の方を
圧迫しているらしい。はやく破水してくれ・・・。

持ってきたテニスボールをグー介に肛門にあててもらう。
陣痛が来たら腰をさすってもらうと少しらく。

しかしわたしもグー介も2日間寝ていないので、眠い・・・。
陣痛の間30秒位だけど、ちょっと寝てしまえるから不思議。
グー介も時々ウトウトしていてさすって欲しい時に寝てたりするので
「うーーー!」と唸ってみて起こす。

この頃になるほ辛さはピーク。
息みたい、息めない!今からでも帝王切開にして欲しいと思う。
ドクターが様子を身に来てくれて「おお!ムー子さん良い感じだね!
頑張れ頑張れ!」と言って頭を撫でてくれたのが本当にうれしかったんだけど
どうにもこうにも返事できず「うーーー」(がんばりますー)と唸るだけでせいいっぱい。

15時を過ぎた頃、「そろそろ分娩台にあがりましょうか」といわれる。
まだまだ夜までかかると思っていたので、とても嬉しくなり
「はい!!」と元気に起き上がり、トイレにいく。
鏡をみて髪を結いなおすゆとりも。
ここまで来たら「ランナーズハイ」とでも言うのかも。
グー介にも「ありがとう。ありがとう」と何度も言っていたらしい。(覚えてないけど)

ここで一端グー介退場。私は分娩台へ上がろうとする・・・けど上がれない。
思ったより高いし痛くて力が入らない。なんとかよじ登って、
「さあいよいよだ!がんばるぞ!もうすぐ赤ちゃんにあえるんだ。赤ちゃんも頑張ってる」
とでっかい声でまた独り言。

さっきできてた羊水の水泡がまだ壊れない。ずいぶんと丈夫な羊膜だ。
「じゃあ羊膜をヤブって破水させるからね。そしたらすぐにお産がすすむよ。
まったく何も感じないからね。」を説明を受ける。
さっきまで厳しかった助産師さんがなんだかやさしい。とっても頼もしい神様みたいに見える。
後光がさしてるよ。ぴかーん。

何でどうやったかなんて見てなかったけど、ぱしゃ!!って音がして水が飛び散った。
何にも感じなかった。「はい、これで赤ちゃんが見えたよ。」といわれる。
嬉しい!本当にいるんだ!私の赤ちゃんがもうすぐそこにいるんだ!
「旦那さん呼びますね」と言われたけど、ちょっとまって、大また開きのこの状態で
足の方から入ってこられるのはちょっと嫌だ。「え!ちょっと、隠したいんですけど」と
言うと、笑われたけどカバーをしてくれた。
グー介が再入場。本当は隣りに出産を終えた方が休んでいたので
立会い出来ないんだけど、その方が良い人で「どうぞどうぞ」と言ってくれたので
立会いできた。感謝。

「じゃあ次の陣痛で息んでね。」と言われ息む。
「上手。上手」と言われ得意になるムー子。
先生が登場。「ちょっと痛いかも」と言われるが早いかぱっちん!と切る音。
「いったーい!」と言ってしまった。陣痛とは全然違い種類の切る痛みだから
ちょっとびっくりした。

5回目くらいの息みだと思う。
まだまだだと思っていたから休もうとしたら、「駄目駄目!だめーー!」と言われて
あわてて息みを続けたらすごい勢いでおなかの中身が全部出た気がした。
そこからはあんまり覚えてないんだけど、白くてでっかい赤ちゃんが足の間から登場して
見上げたら笑顔のグー介が頭を撫でてくれた。
やった、私やったんだ・・・。

グー介が退場。私はきったところを縫ってもらう。結構痛い。。。
「お疲れさま。頑張ったね」と先生が言ってくれる。

感動とかそういうのとも違う、まだ実感が湧かない、夢の中に居るみたいな時間だった。




2007/09/05 (Wed) 出産レポートその②
1時間くらい寝れたんだろうか?
再び陣痛が再開してきた。携帯で間隔をチェックしながら横になってる。
昨日とは明らかにちがうもっとハッキリした、子宮が収縮する痛み。
「これは、今度こそきたかも・・・。」
でもグー介を起こしてまた陣痛が遠くなってもいやなので
ベットで静かに「ふーーーー。ふーーーー」と深呼吸して痛みをのがす。

AM2:00 間隔が10分を切ったのでグー介をおこす。
病院に電話してくるように言われる。今度は焦らないでゆっくり出発する。昨日と同じくコンビにによって食料と飲み物を買うも、
今日は私は車から降りれないくらい痛い・・・。
陣痛がきたら「ふーーーー」と息を吐いてのがす。

陣痛の合間は「昨日の陣痛なんて陣痛じゃないね」なんて2人で笑いながらいられるくらい余裕。

産院に着いた。陣痛の合間を狙って車から降りて歩く。
インターホンで呼び出して自動ドアが開く。
「たのもーーー!!」(心の中で)

と道場破りのような気持ちになる。今度こそは産んでみせる!
もう昨日の様な不安な気持ちはなくなっている。

04:00 グー介一端帰宅。
陣痛は5分間隔。朝ごはんにはほとんど食べられないくらいの痛み。
でも助産師さんに「もっともっと強いのが来ないと駄目ねー」といわれ
もっと痛いのか・・・・と不安になる。
陣痛が来たら「ふーーー」と深呼吸してシーツを握り締めて耐える。
でも陣痛の間は嘘みたいに痛くないんだなこれが!
だからプレママの皆様は心配しないで大丈夫!
ずーと痛かったら大変だけど、ちゃんと休憩があって
その時は本当に痛くないからね(^^)

7:00 先生登場。
    「まだ弱いねー。もう2日目だし、ムー子さん寝てないし  
     ご飯も食べてないよね・・・。うーーん。促進剤使いますか?
     ご主人と検討してみて10時までにお返事ください」

といわれる。

グー介にメールして促進剤を使う事を決定!


----------------------------------------------
ああ、娘が起きました。つづく・・・。

2007/08/30 (Thu) 出産レポート
1ヶ月健診も過ぎ、少し落ち着いてきたので、忘れないうちに出産について書いておこうと思います。

-----------------------------------------------------
陣痛かも・・・そう思ったのは予定日を1日過ぎた22時ごろでした。
でも時間もばらばらだし、張りの強い感じだったので、
「陣痛じゃないかも」とか言いながら普通にベットに入りました。

夜中1時過ぎ。痛くて目が覚める。
時計で測ると10分~15分間隔。でもたまに30分の時もある。

2時を回った頃、はっきりとした痛みになった。
時間は10分間隔。「どうしよう。でもきっと陣痛ってこんなもんじゃないはず・・・。」と思いつつも一応産院にTEL。
まだだと言われると思っていたら、「じゃあ来て下さい」とあっさり言われ、「え?いいんですか?」と聞き返してしまう。

寝ているグー介に「ねえ。陣痛きた。産院に電話したら来いって。」
いつもは寝たら起きないグー介も飛び起きてくれた。
車を出してまずはコンビニで非常食にオニギリとポカリを買う。
車を降りてオニギリを選ぶ余裕がある・・・。
「こんなんで産院に行っていいんだろうか。」と思いつつ
でも陣痛が来るとグー介の話に返事できなくなる。

3時ごろ産院到着。
いつも混雑している産院がひっそりとしててなんか変な感じ。
でも中からは赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
「いよいよ赤ちゃんに会えるんだ!」そう思うと嬉しくて仕方ない。
わくわくしながら真っ暗な産院に入る。

助産師さんに説明を受けて、ベットに入る。産まれるのは早くても明日の午後という事で、グー介一時帰宅。
『一緒に頑張ろうね!』とメールが来た。嬉しくて涙か出る。


この日は新月。6台あるベットが全部埋まり、後から後から妊婦が
到着しては出産していく。
「あーとかーらー きーたぁのォにー、おーいこーさーれー」と
水戸黄門のテーマが頭を駆け巡る。私も早く産みたい!

・・・が・・・一向に強くならない陣痛。
強くならないどころか、間隔が長くなってる。痛みも和らいでくる。
そんななか、隣りにベットの妊婦さんは「痛い!」と言って
暴れだした。
ムー子「あれれ・・・大丈夫かな?」と思うが早いか

うぎゃー
とすごい悲鳴に変わる。ベットの上で暴れて、駆けつけた助産師さんに
押さえられてるけど、止まらない!
ベットサイドのテーブルがガゴーンと私の方に飛んできた!
猛獣の様に暴れる妊婦さん。
何が起きたのか解らないまま。あっけにとられる私。
その妊婦さんは分娩台に移動し、その後もすさまじい叫び声と
ともに出産。産後も「うおー!痛い!」と叫びまくり。
ドクターが2人ががりで「しっかり!」とか言っている。

こ・・・怖い・・・。

私もそうなるの?私もあんなになっちゃうの・・・?

怖い・・・。いやだ。私には産めない・・・。

気が付くと体が震えてる。手が冷たい。

陣痛も止まっちゃった。


グー介にメールして、
「帰りたい。お家に帰りたい」となげき、その後先生に相談。
先生も「一度帰って歩いたり、家事をしたりしればまた陣痛さいかいするから帰ったほうがいいかもね」との事。

入院から12時間後、午後4時帰宅。

「怖い。私に産めるんだろうか?」とグー介になきつく。
グー介に励まされ、グー介の肩で思いっきり泣いたらちょっとホッとしてご飯を食べてゆっくりベットに入った。


つづく・・・。

プロフィール

ムー子。

Author:ムー子。
3年前に転勤族の彼と結婚。
ムー子:1977生まれ。女子。
グウ介:だんな。男子
2007年7月出産予定です。

3年で4箇所の転勤族。
なかなか赤ちゃんが来てくれない。
やっと関東に戻って来れた!
と思ったとたんの妊娠!
ムー子の手探り妊婦ライフです。

ほんにゃらほんにゃら。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。